真田昌幸(1)(1547年)

 真田昌幸(さなだ まさゆき)は、武田信玄(たけだ しんげん※1)に仕える真田家の子として生まれました。頭が良く、信玄からその才能を愛され、「わしの眼のようだ」とたたえられました。1573年に信玄が病死し、後を継いだ武田勝頼(たけだ かつより※2)が織田信長(おだ のぶなが※3)に負け、家臣(かしん=けらい)に裏切られ、武田家が滅(ほろ)ぼされると、昌幸は徳川家康(とくがわ いえやす※4)と手を結びました。しかし家康は、昌幸の領地(りょうち=自分のものとしてもつ土地)だった沼田(むまた=現在の群馬県(ぐんまけん))を北条氏(ほうじょう し※5)に渡すように命じてきました。昌幸はこれを断(ことわ)り、家康と手を切りました。1585年、怒った家康が、昌幸の上田城(うえだ じょう=現在の長野県(ながのけん))に大軍を送りましたが、昌幸は数々の罠(わな)をしかけて、徳川軍を撃退(げきたい)しました(第一次上田合戦)。昌幸は、この上田合戦の最中(さなか)、甲冑(かっちゅう=頭を守るにかぶと、胴を守るよろいからなる防具(ぼうぐ=攻撃から身を守る道具))こを着ることもなく、家臣と碁(ご=ごもくならべ)を楽しんでいたといわれています。関ヶ原(せきがはら=現在の岐阜県不破郡関ヶ原町(ぎふけん ふはぐん せきがはらちょう))の戦いのときは、次男・真田幸村(さなだ ゆきむら※6)とともに石田軍(いしだ ぐん=西軍)に味方し、関ケ原に向かう徳川秀忠(とくがわ ひでただ※7)軍を迎え討ち(むかえうち)ました(第二次上田合戦)。この戦いにも大勝利しましたが、関ケ原で西軍が敗れたため、昌幸は幸村とともに九度山(くどやま=現在の和歌山県(わかやまけん))に追放され、のちに病死しました。

__________
※1 たけだ しんげん、1521~1573=甲斐(かい=現在の山梨県(やまなしけん))の守護大名(しゅご だいみょう※1-1)・戦国大名(せんごく だいみょう※1-2)。甲斐源氏(かい げんじ(清和源氏家系図参照)の嫡流(ちゃくりゅう=正統(せいとう)の血筋(ちすじ)))にあたる甲斐武田家第19代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)
※1-1 しゅご だいみょう=室町時代(むろまち じだい※1-1-1)の職の1つで、地方を支配するために置かれた役人
※1-1-1 むろまち じだい=足利(あしかが)将軍(しょうぐん=征夷大将軍(せいいたいしょうぐん※1-1-1-1))家によって統治されて(とうちされて=まとめおさめられて)いた時代。
※1-1-1-1 せいいたいしょうぐん=武士による政権(せいけん=政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治(とうち=まとめおさめること)する仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)を実行する能力)のトップの称号。
※1-2 せんごく だいみょう=戦国時代(せんごくじだい=大名(だいみょう=ある地域を支配している者)が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代)で、各地に領国を形成した大名


※2 たけだ かつより、1546~1582=甲斐(かい=現在の山梨県(やまなしけん))の戦国大名。甲斐源氏にあたる甲斐武田家第20代当主。


※3 おだ のぶなが、1534~1582=勝幡(しょばた=現在の愛知県愛西市勝幡町(あいちけん あいさいし しょばたちょう)と稲沢市平和町城之内(いなざわし へいわちょう しろのうち))織田家5代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)・戦国大名。のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと)。三英傑(さんえいけつ=現在の愛知県(あいちけん=当時は尾張国(おわりのくに)と三河国(みかわのくに))出身で名古屋にゆかりがあり、戦国時代において天下を統一へ導いた三人(信長・豊臣秀吉(とよとみ、※3-1)・徳川家康(とくがわ いえやす、※4)))の一人
※3-1 とよとみ ひでよし、1537~1598=武将・大名。天下人。初代・武家(ぶけ=武士の家筋(いえすじ=家系))関白(かんぱく=天皇を補佐する(ほさ=助け、その務めをはたさせる)官職(かんしょく=律令制(りつりょうせい=律令(りつりょう=国家の基本法である律と令。律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方))、太閤(たいこう=関白の位を子に譲った人の呼名)。三英傑の一人

※4 とくがわ いえやす、1543~1616=戦国大名。安祥松平家(あんしょう まつだいら け)九代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。のちの天下人。江戸幕府(えどばくふ※4-1)の初代征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号)。三英傑の一人
※4-1 えど ばくふ=家康が江戸(えど=現在の東京都)に開いた武家政権(ぶけ せいけん=※4-1-1)
※4-1-1 ぶけ せいけん=武家(ぶけ=武士(ぶし=さむらい)の家筋(いえすじ=家系))が掌握した(しょうあくした=自分の思いどおりにした)政権(せいけん=政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策(せいさく=目標を達成するために手段)を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治する(とうちする=まとめおさめる)仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)を実行する能力)


※5 ほうじょう し=関東(かんとう)の戦国大名の氏族(しぞく=祖先を同じくするという認識のもとに構成される血縁集団)。本姓は平氏(たいらうじ※5-1)。家系は武家(ぶけ=武士(ぶし=さむらい)の家筋(いえすじ=家系))の桓武平氏伊勢氏流(葛原親王(かずらわらしんのう)三男・高見王(たかみおう)の子・高望王(たかもちおう)の長男・平国香(たいらのくにか)の孫・平維衡(たいらのこれひら)の子孫(桓武天皇家系図参照))。鎌倉幕府(かまくらばくふ※5-2)の執権(しっけん※5-3)をつとめた北条氏の後裔(こうえい=子孫)ではないことにより後北条氏(ごほうじょうし)とも呼ぶ。また居城(きょじょう=その人がふだん住んでいる城)のあった相模国小田原(さがみのくに おだわら=現在の神奈川県(かながわけん)小田原市)の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし)あるいは相模北条氏(さがみ ほうじょうし)とも呼ばれる
※5-1 たいらうじ=皇族(こうぞく=天皇皇后(てんのう・こうごう)の血族とその妻、ただし既婚の女子は除く)が臣下(しんか=君主(くんしゅ=世襲(せしゅう=その家の地位・財産・職業などを子孫が代々受け継ぐこと)により国を治める最高位の人)に下る際に名乗る氏(うじ=みょうじ)の一つ。50代桓武(かんむ)天皇の子・葛原親王(かずらわらしんのう)、万多親王(まんだしんのう)、仲野親王(なかのしんのう)及び賀陽親王(かやしんのう)が祖。
※5-2 かまくらばくふ=鎌倉時代(かまくら じだい=1192年頃~1333年で幕府が鎌倉(かまくら=現在の神奈川県鎌倉市(かながわけん かまくらし))に置かれていた時代)の日本の武家政権(ぶけせいけん※5-2-1)。征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号)・源頼朝(みなもとのよりとも※5-2-2)が創始し、北条時政(ほうじょう ときまさ※5-2-3)・北条義時(ほうじょう よしとき※5-2-4)らを中心とした坂東武士(ばんどう ぶし※5-2-5)が鎌倉に設立した幕府。
※5-2-1 ぶけ せいけん=武家(ぶけ=武士(ぶし=さむらい)の家筋(いえすじ=家系))が掌握した(しょうあくした=自分の思いどおりにした)政権(せいけん=政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策(せいさく=目標を達成するために手段)を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治する(とうちする=まとめおさめる)仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)を実行する能力)
※5-2-2 みなもとのよりとも、1147~1199=平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、政治家(せいじか=職業として政治(せいじ=国を治める活動)に携(たずさ)わっているひと)。鎌倉幕府を開いた初代征夷大将軍
※5-2-3 ほうじょう ときまさ、1138~1215=平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)。源頼朝の正室(せいしつ=身分ある人の正式な妻)・北条政子の父。鎌倉幕府の初代執権(しっけん= 鎌倉幕府の政所(まんどころ)の長官。将軍を補佐し政務を統轄した最高の職)
※5-2-4 ほうじょう よしとき、1163~1224=平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の第2代執権。時政の次男。源頼朝の正室・北条政子の弟。得宗(とくそう=北条氏の嫡流(ちゃくりゅう=正統(せいとう)の血筋(ちすじ)))家2代目当主(とうしゅ=その家の現在の主人)
※5-2-5 ばんどう ぶし=現在の関東1都6県とほとんど同じ地域で活躍した武士たち。
※5-3 しっけん=鎌倉幕府の政所(まんどころ=政治(せいじ※5-3-1)上のさまざまな仕事)の長官(かみ※5-3-2)。将軍(しょうぐん=征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号))を補佐(ほさ=人をたすけて、その務(つと)めをはたさせること)し政務(せいむ=政治(せいじ=国を治める活動)上の事務(じむ=書類の作成など、主として机の上で行う仕事))を統轄(とうかつ=幾(いく)つか別々になっているものを、調整して一つにまとめること)した最高の職
※5-3-1 せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治(とうち=まとめおさめること)する仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること
※5-3-2 かみ=律令制(りつりょうせい※5-3-2-1)で、四等官(しとうかん=長官・二等官・三等官・四等官の4等級から構成されており、令において、それぞれの分掌(ぶんしょう=仕事・事務を手分けして受け持つこと)事務が定められている)の最上の官位
※5-3-2-1 りつりょうせい=律令(りつりょう※5-3-2-1-1)を基本法とする政治制度
※5-3-2-1-1 りつりょう=奈良時代(ならじだい=平城京(へいじょうきょう=現在の奈良県奈良市)に都(みやこ)が置かれた時代)・平安時代の法律

※6 さなだ ゆきむら、1567~1570=真田信繁(のぶしげ)。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)、大名(だいみょう=ある地域を支配している者)。父は真田昌幸(まさゆき)


※7 とくがわ ひでただ1579~1632=徳川家康の三男。武将。江戸幕府の第2代征夷大将軍
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ここでは、真田昌幸が生まれた1547年を勉強します。

 1547年(天文(てんぶん)十六年) 信濃国小県郡真田郷(しなののくに ちいさがたごおり さなだごう=現在の長野県上田市真田地区(ながのけん うえだし さなだ ちく))の領主(りょうしゅ=領国(りょうごく=支配する国)を支配している人)・真田幸隆(さなだ ゆきたか※8)の三男として生まれました。母は小県郡の有力国人(ゆうりょく こくじん=その地方に土着して(どちゃく=その地に昔から住みついて)いて、勢力(せいりょく)や威力(いりょく)のある武士(ぶし=さむらい))であった海野氏(うんのし)の家臣・河原隆正(かわら たかまさ※9)の妹で、幼名(ようみょう=おさない時の名)は源五郎(げんごろう)でした。この頃、父は甲斐国(かいのくに=現在の山梨県(やまなし けん))守護・武田信玄に仕(つか)えていました。

__________
※8 さなだ ゆきたか、1513~1574=真田幸綱(ゆきつな)。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)


※9 かわら たかまさ、?~?=武士(ぶし=さむらい)。真田氏(さなだ し)の家臣(かしん=けらい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

以上所説あり。