黒田官兵衛(4/4)(1592年~1604年)

ここでは、朝鮮漢城(ちょうせん かんじょう=現在の韓国のソウル)で軍評定(いくさひょうじょう=合戦の作戦会議)した年(1592年)から、逝去する(1604年)までを勉強します。

1592年(文禄(ぶんろく)元年)五月、朝鮮(ちょうせん)に渡りました。八月、漢城で宇喜多秀家(うきた ひでいえ)らと軍評定(いくさひょうじょう=合戦の作戦会議)をしました。

1593年(文禄二年)五月、秀吉(ひでよし)の勘気(かんき=主君からのとがめ)を蒙った(こうむった=目上の者から与えられたものを受け入れる)ため剃髪(ていもう=頭髪を剃る)し、如水(じょすい)と名付けられました。この年、再び朝鮮に渡りました。

1594年(文禄三年)三月、朝鮮より帰国しました。

1595年(文禄四年)八月二十一日、播磨国揖東郡内(はりまのくに いっとうぐんない)において二千石を、給付されました。

1597年(慶長(けいちょう)二年)二月、朝鮮への渡海準備のため、京都を離れ領国豊前(ぶぜん=現在の福岡県東部・大分県北部)に戻りました。

1598年(慶長三年)この年の四月以前、朝鮮から帰国しました。

1599年(慶長四年)十二月、領国中津(なかつ=豊前の中央)に戻りました。

1600年(慶長五年)九月十三日、関ヶ原合戦(せきがはらのかっせん)に際し、石垣原(いしがきばる=現在の大分県別府市の中央部)で大友義統(おおとも よしむね)軍を撃破しました。十月、加藤清正・鍋島直茂(かとう きよまさ・なべしま なおしげ)とともに柳川城(やながわ じょう=福岡県柳川市本城町にあった城)を攻め、立花宗茂(たちばな むねしげ)を倒しました。十二月、筑前(ちくぜん=現在の福岡県北西部)に入国し、名島城(なじま じょう=現在の福岡県福岡市東区名島にあった城)に入りました。

1601年(慶長六年)正月十七日、同月二十九日、三月十七日、五月二十五日、在京(京都に滞在)し、里村一門(さとむらいちもん)を始め、中央文人と連歌(れんが=和歌を使った文芸のひとつ)をもよおしました。十月九日、島飼村(とりかいむら=福岡城の西方)における長政(ながまさ=息子)主催の口切の茶会(その年の新茶を葉のまま陶器の壺に入れ、口を封じて保存し、冬にその封を切り、茶臼でひいて茶をたて、口切の茶事として客を招いてふるまうこと)に参席しました。

1602年(慶長七年)正月十五日、領国筑前(ちくぜん)において神屋宗湛(かみや そうたん)の茶会に参席しました。正月十六日、長政・光方らと連歌をもよおしました。三月九日、在京し、里村紹巴(さとむら じょうは)らと連歌をもよおしました。四月二十六日、里村紹巴のための追善連歌会(ついぜんれんがかい=亡者の冥福を祈って行う連歌会)を際しました。十二月二十五日、島飼村で神屋宗湛らと茶会を開きました。

1603年(慶長八年)正月、上洛(京都に行く)して高台院(こうだいいん=北政所(きたのまんどころ))を見舞いました。十一月、有馬(ありま)へ湯治(とうじ)に赴(おもむ)きました。

1604年(慶長九年)三月二十日、五十九歳で逝去(せいきょ=なくなる)しました。

以上所説あり。