島津義弘(2/7)(1554年~1561年)

島津義弘(1554年~1561年)

ここでは、島津義弘(しまづ よしひろ)、大隅国(おおすみのくに=現在の鹿児島県東部)の岩剣城(いわつるぎ)に渋谷・蒲生連合軍(しぶや・かもう れんごうぐん)を攻め、初陣(うえいじん=)を飾る年(1554年)から、義弘の叔父(おじ)・忠将(ただまさ)が大隅国の廻城(めぐり じょう=鹿児島県霧島市福山町福山前平にあった城)の戦いで戦死する(1561年)までを勉強します。

1554年(天文(てんぶん)二十三年)10月、島津義弘、大隅国(おおすみのくに=現在の鹿児島県東部)の岩剣城(いわつるぎ=現在の鹿児島県姶良市平松にあった城)に渋谷・蒲生連合軍(しぶや・かもうれんごうぐん)を攻め、初陣(初めて戦いに出ること)を飾りました。義弘、岩剣城主となりました。この年、義弘の長女・御屋地(おやぢ)が生まれました。

1555年(弘治(こうじ)元年)4月、島津氏、大隅国(おおすみのくに=現在の鹿児島県の大隅半島と屋久島,種子島,奄美大島などを含む西海道の一国)の帖佐城(ちょうさ じょう=鹿児島県姶良市にあった城)を攻略(敵を攻めて勝利を収めること)しました。

1557年(弘治三年)4月、島津氏、大隅国の蒲生城(かもう じょう=竜ヶ城(りゅうがじょう=現在の鹿児島県姶良市蒲生町久末))を陥落(攻めおとされること)しました。

1560年(永禄(えいろく)三年)3月、義弘、豊州家(ほうしゅうけ)の島津忠親(しまづ ただちか)の養子となり、日向国(ひゅうがのくに=現在の宮崎県と鹿児島県の一部)の飫肥(おび=宮崎県南部日南市中央部にある地区)の警固(けいご=警戒して守りかためること)に当たりました。

1561年(永禄四年)7月、義弘の叔父(おじ)・忠将(ただまさ)が大隅国の廻城(めぐり じょう=鹿児島県霧島市福山町福山前平にあった城)の戦いで戦死しました。

以上諸説あり。