宮本武蔵(4/4)(1618年~1645年)

ここでは、1618年~宮本武蔵(みやもと むさし)が亡くなる1645年までを勉強します。

1618年(元和(げんな)四年)~1633年(寛永(かんえい)十年)、摂津街道(せっつ かいどう)で三木之助(みきのすけ)を拾い、養子(ようし=血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させること)として宮本の姓(せい=みょうじ)を名乗らせました。東軍流三宅軍太夫(とうぐんりゅうみやけぐんだゆう)と試合しました。姫路城下(ひめじ じょうか=現在の兵庫県姫路市にある城下)にて仮住まいしました。藩中(はんちゅう=その藩のうち)で知己(ちき=親友)を得て、寺院(じいん=寺)の造庭(ぞうてい=庭園などの空間を造ること)、城下の縄張り(なわばり=占有している土地)などに従事(じゅうじ=その仕事にたずわること)しました。また、伊織(いおり)を養子としました。尾張(おわり=現在の愛知県西部)では柳生兵庫(やぎゅう ひょうご)と出会いました。また、松平(まつだいら)出羽守(でわのかみ=出羽国(現在の山形県と秋田県の大部分)を納める役職)家中(かちゅう=屋敷の中)において剣法(けんぽう=刀剣(とうけん=かたなや、つるぎ)で戦う武術)を披露(ひろう=皆に見せること)しました。

1634年(寛永(かんえい)十一年)、小倉(こくら=現在の福岡県北九州市小倉北区と小倉南区)に来て、小笠原忠真(おがさわら ただざね)の客分(きゃくぶん=客としてたいぐうを受けること)となりました。

1637年(寛永十四年)、島原の乱(しまばらのらん)において、小笠原忠真軍に軍艦(ぐんかん)として、伊織とともに出陣(しゅつじん=戦争に出向くこと)しました。伊織はのちに、家老に累進(かろうに るいしん=地位が次々に進み、家臣の長になること)しました。

1640年(寛永十七年)、細川忠利(ほそかわ ただとし)の知遇(ちぐう=人格・能力などを認められて、厚くたいぐうされること)を得て、客分として熊本千葉城跡(くまもと ちば じょうあと=現在の熊本県熊本市中央区千葉城町(くまもとけん くまもとし ちゅうおうく ちばじょうちょう))に住しました。

1641年(寛永十八年)、二月、「兵法三十五箇条(ひょうほうさんじゅうごかじょう)」を完成させ、春山和尚(しゅんざん おしょう)と交誼(こうぎ=友人としての親しいつきあい)しました。

1643年(寛永二十年)、霊巌洞(れいがんどう=熊本県熊本市西区松尾町(くまもとけん くまもとし にしく まつおまち)の雲巌禅寺(うんがんぜんじ)の裏山にある洞窟(どうくつ))にしばしば籠(こも)りました。十月、「五輪書(ごりんのしょ=戦争などにおいて兵の用い方を説いた書物)」の執筆(しっぴつ=文章を書くこと)に入りました。

1645年(正保(しょうほう)二年)、「独行道(どっこうどう=自身の生き方を21か条に記した書)」を完成させ、「五輪書」も完成させ、五月十九日、62歳で亡くなりました。

以上諸説あり。