加藤清正(8/8)(1601年~1611年)

ここでは、1601年~1611年、加藤清正(かとう きよまさ)が亡くなるまでを勉強します。

1601年(慶長(けいちょう)六年)8月、熊本城(くまもと じょう=現在の熊本県熊本市中央区(くまもとけん くまもとし ちゅうおうく)にある城)の築城(ちくじょう=城をきずくこと)を開始しました。

1607年(慶長十二年)正月27日、長男・忠正(ただまさ)が9歳で亡くなりました。8月、西欧(せいおう=ヨーロッパ)と貿易する朱印状(しゅいんじょう=朱印(しゅにくを使って押した印)が押された公的文書のこと)を受けました。12月、熊本城が落成(らくせい=工事が完了して城ができあがること)し、隈本(くまもと)を熊本と改称(かいしょう=名前や呼び名を変えること)しました。

1609年(慶長十四年)正月、シャム(現在のタイ国)および、交趾(こうし=現在のベトナム北部トンキン・ハノイ地方)と貿易する朱印状を受けました。この年、名古屋城(なごやじょう=現在の愛知県名古屋市中区・北区にあった城)築城の命(めい=言いつけ)を受け、整地(せいち=建築のために、地ならしをすること)にとりかかりました。

1610年(慶長十五年)3月、家康(いえやす)が主催(しゅさい=中心となって会合や行事などを行うこと)する能楽(のうがく=日本の芸能の一つ)に勅使(ちょくし=天皇の意思を伝える使者)とともに招待(しょうたい=客を招くこと)されました。5月、名古屋城の整地を完了(かんりょう=おえること)し、6月、天守閣(てんしゅかく)石垣(いしがき=石を組み上げて作られた壁)の築造(ちくぞう=土石などを積み上げつくること)を開始し、7月に天守台(てんしゅだい=天守閣の石垣)の工事を終えました。

1611年(慶長十六年)3月、豊臣秀頼(とよとみ ひでより)に付き添い(つきそい=人のそばについて、世話をすること)上洛(じょうらく=京都に行くこと)し、家康との対面に立ち会いました(二条城(にじょうじょう=現在の京都府京都市中京区(きょうとふ きょうとし なかぎょうく)にある城)会見(かいけん=人と人とが会うこと))。5月、熊本へ帰る船中(せんちゅう=船のなか)で発熱し、同月に熊本に帰着(きちゃく=帰り着くこと)しました。6月24日、加藤清正、熊本城において逝去(せいきょ=なくなること)しました。50歳でした。

以上諸説あり。