加藤清正(2/8)(1571年~1582年)

ここでは、1571年~1582年までに、加藤清正(かとう きよまさ)が、たずさわったことを勉強します。

1571年(元亀(げんき)二年)、義叔母(ぎおば=配偶者の叔母)宅に押し入った盗賊(とうぞく=どろぼう)を奇計(きけい=人の予想もしない奇抜なはかりごと)をもって遁走(とんそう=逃げること)させました。

1574年(天正(てんしょう)二年)、母に連れられ長浜(ながはま=現在の滋賀県長浜市公園町(しがけん ながはまし こうえんちょう))の羽柴秀吉(はしば ひでよし)のもとへ行きました。秀吉は、清正に五石(ごこく=知行高(ちこうだか=武士に支給された土地)を表す単位。1石=3.3平方メートル、5石=16.5平方メートル。)を与え養育(よういく=やしなってそだてること)しました。

1576年(天正四年)、秀吉が烏帽子親(えぼしおや=男子の成年に際して立てる仮親)となり元服(げんぷく=男子が成人になったことを示す儀式(ぎしき=一定の作法・形式にのっとって行われる行事))を行い、実名を清正とし、禄(ろく=官に仕える者に支給される手当。知行高。)百七十石が与えられました。

1577年(天正五年)、長浜城下(ながはま じょう か=現在の滋賀県長浜市)をあらした市野久兵衛(いちの きゅうべえ)を捕縛(ほばく=とらえてしばること)した功績により、禄二百石を加増され、小物見役(こものみやく)となりました。

1581年(天正九年)6月、秀吉に従い、鳥取城(とっとり じょう)を攻め、蜂須賀正勝(はちすか まさかつ)とともに功名(こうみょう=手柄(てがら=功績)を立てて名をあげること)を立て、禄百石を加増されました。

1582年(天正十年)3月17日、備中冠山城(びっちゅうかんむりやま じょう=現在の岡山県岡山市北区下足守(おかやまけん おかやまし きたくしもあしもり)にあった城)の攻撃で、一番槍(いちばんやり=戦場で、槍(やり=木製の長いえにするどくとがっている先をもった武器)をふるって最初に敵陣に突き入ること)の功名を立て、禄百石を加増されました。6月13日、山崎の合戦(やまざきのかっせん=現在の大阪府三島郡島本町山崎(おおさかふ みしまぐん しまもとちょう やまざき)、京都府乙順郡大山崎町(きょうとふ おとくにぐん おおやまざきちょう)で行われた羽柴秀吉軍と織田信長(おだ のぶなが)を討った明智光秀(あけち みつひで)軍との戦い)で、敵将(てきしょう=敵軍の大将・将軍)・近藤半助(こんどう はんすけ)を討ち取り(うちとり=武器などを使って敵を殺すこと)、秀吉から「手柄者(てがらもの)」の感状(かんじょう=主君などが部下の戦功を賞して出した文書を賜りました(たまわりました=いただきました)。

以上諸説あり。