斎藤道三(3/10)(1499年~1515年)

ここでは、1499年~1515年を勉強します。

1499年(明応(めいおう)八年) 美濃(みの=現在の岐阜県(ぎふけん)南部)守護代(しゅごだい※1)を斎藤彦四郎(さいとう ひこしろう※2)が相続し(そうぞくし=うけつぎ)ました。

1506年(永正(えいしょう)三年) 西村勘九郎(にしむら かんくろう=峰丸(みねまる=道三の幼名)の父)は、峰丸をかつての同門(どうもん=同じ師匠・先生のもとで学んだ)日運上人(にちうんしょうにん※3)に預け学問を身につけさせました。

__________
※1 しゅごだい=守護(しゅご=室町時代(むろまち じだい※1-1)の職の1つで、地方を支配するために置かれた役人)の下に置かれた役職
※1-1 むろまち じだい=足利(あしかが)将軍(しょうぐん=征夷大将軍(せいいたいしょうぐん※1-1-1))家によって統治されて(とうちされて=まとめおさめられて)いた時代。
※1-1-1 せいいたいしょうぐん=武士による政権(せいけん=政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治(とうち=まとめおさめること)する仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)を実行する能力)のトップの称号。

※2 さいとう ひこしろう?~?=武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)。斎藤妙純(さいとう みゅうじゅん※2-1)の3男。美濃斎藤氏持是院家5代目当主
※2-1 さいとう みょうじゅん、~1497=斎藤利国(さいとう としくに)。武将。斎藤利永(としなが、~1460=美濃2代目守護代の子。斎藤妙椿(みょうちん※2-1-1)の養子.(ようし=血縁(げつえん=血のつながり)関係なく親子関係になること)。美濃斎藤氏持是院家2代目当主。利親(としちか※2-1-2)、又四郎(またしろう※2-1-3)、彦四郎の父
※2-1-1 さいとう みょうちん、1411~1480=武将・僧(そう=お坊さん)。美濃斎藤氏持是院家(じぜいん け※2-1-1-1)初代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。
※2-1-1-1 じぜいん け=美濃斎藤氏守護代家に対して、斎藤妙椿の家系(善恵寺(ぜんね じ=現在の岐阜県加茂郡八百津町(ぎふけん かもぐん やおつちょう)にある寺院)に持是院という子院(しいん※2-1-1-1-1)を構えたため)。
※2-1-1-1-1 しいん=本寺(ほんじ=この寺)の境内(けいだい=寺院の敷地内(しきちない))にあり、本寺に付属する小寺院(こじいん=小さい寺)
※2-1-2 さいとう としちか、1473~1497=武将。斎藤妙純の嫡男(ちゃくなん=あととり)。美濃斎藤氏持是院家3代目当主
※2-1-3 さいとう またしろう、1482~1499=武将。斎藤妙純の次男。美濃斎藤氏持是院家4代目当主

※3 にちうんしょうにん、1484~?=常在寺(じょうざいじ=現在の岐阜県岐阜市梶川町(ぎふし かじかわちょう)にある寺院)住職。若い頃の妙覚寺(みょうかくじ=現在の京都府京都市上京区(きょうとふ きょうとし かみきょうく)にある寺院)の僧侶・南陽坊(なんようぼう)。斎藤道三の父と同門(どうもん=同じ師匠・先生のもとで学んだ人)。美濃(みの=現在の岐阜県南部)守護代・斎藤利藤(さいとう としふじ※3-1)の末子
※3-1 さいとう としふじ、~1498=武将。美濃斎藤氏3代目守護代。斎藤利永(としなが※3-1-1)の嫡男(ちゃくなん=あととり)。斎藤利国の異母兄(いぼけい=父が同じで母が異なる兄)
※3-1-1 さいとう としなが、~1460=武将。美濃斎藤氏2代目守護代。父は斎藤宗円(さいとう そうえん、1389~1450=武将。美濃斎藤氏初代守護代。父は斎藤祐具(さいとう ゆうぐ、?~?=武将))
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1512年(永正九年) 守護代・斎藤彦四郎、美濃の守護・土岐政房(とき まさふさ※4)と対立し、尾張国(おわりのくに=現在の愛知県(あいちけん)西部)へ逃れました。

1514年(永正十一年) 峰丸(道三)は父の「世の中を泰平(たいへい=世の中がよく治まって平和)にしたいという志(こころざし=目的)」を継ぐため、寺院を出、規秀(のりひで)と改め、父と同じ油売りとなりました。

1515年(永正(えいしょう)十二年) 勘九郎の主君(しゅくん=自分の仕えている君主(くんしゅ=世襲(せしゅう=その家の地位・財産・職業などを子孫が代々受け継ぐこと)により国を治める最高位の人)・殿様など)・長井長弘(ながい ながひろ※5)が、美濃小守護代(こしゅごだい=守護代の家人(けにん=けらい)でその職務を助ける役職)・長井氏の家督(かとく=一族の長)を継ぎました。

__________
※4 とき まさふさ、1457~1519、武将。土岐成頼(しげより※4-1)の長男。美濃守護
※4-1 とき しげより、1442~1497=武将、守護大名。美濃守護。土岐氏第11代当主

※5 ながい ながひろ、~1533=武将。美濃小守護代。父は長井秀弘(ながい ひでひろ、~1497、武将)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

以上所説あり。