斎藤道三(10/10)(1553年~1556年)

ここでは、1553年~1556年・道三が亡くなるまでを勉強します。

1553年(天文二十二年) 4月、斎藤新九郎利政(さいとう しんくろう としまさ=のちの道三)は、織田信長(おだ のぶなが※10)と尾張国(おわりのくに=現在の愛知県(あいちけん)西部)の正徳寺(しょうとくじ=現在の愛知県一宮市(あいちけん いちのみやし)にあった寺院)で会見し(かいけん し=ふだんは離れている人が場所を定めて、世の中におおやけにして、会い、物事を談じあい(だんじあい=話しあい))ました。

1554年(天文二十三年) この年、新九郎利政は、家督(かとく=家を相続する(そうぞくする=うけつぐ)こと。一族の長)を長男・義龍(よしたつ※3)に譲(ゆず)り、稲葉山城(いなばやま じょう=現在の岐阜県岐阜市(ぎふけん ぎふし)の金華山(きんかざん)にあった城)を明け渡し、入道(にゅうどう=在俗(ざいぞく=出家しない(しゅっけしない=家を出て仏門に入る(ぶつもんにはいる=お坊さんになる)ことをしない)で俗人(ぞくにん=一般の人)のままでいること)のまま剃髪(ていはつ=髪を剃(そ)ること)し、僧衣(そうい=お坊さんが着る衣服)をつけ仏道(ぶどう=仏(ほとけ=お釈迦さま)が説いた道)に入った人)して道三と号(ごう=本名のほかにつけた名と)し、城下に隠居(いんきょ=家督をゆずり、定職(ていしょく=きまった職業)をはなれて、閑居する(かんきょする=世俗(せぞく=世の中)を離れて静かに暮らす)こと)しました。しかし、道三は、信長の駿河(するが=現在の静岡県(しずおかけん)中部・北東部(大井川(おおいがわ)以東))今川(いまがわ)勢との戦いに援兵(えんぺい=応援のための兵)を送る命令をするなど、美濃の実権は手放(てばな)しませんでした。義龍は、美濃の実権を譲(ゆず)らない父に謀叛(むほん=時の政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策を実行し、統治機構を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)をおこなう人にさからって兵を起こすこと)を決意(けつい し=自分の意志をはっきりと決め)ました。

1555年(弘治(こうじ)元年) 12月24日、義龍は、まず道三が御執心(ごしゅうしん=深く思いをかけることをひやかしの意をこめていう語)であった義龍の弟、孫四郎(ひこしろう※4)、喜平次(きへいじ※5)を稲葉山城に呼び出して殺害しました。道三は、その知らせを聞き、館(やかた)から抜け出し大桑城(おおが じょう=現在の岐阜県山県市(やまがたし)にあった城)に逃れました。そして、信長に「わが亡(な)きあとは美濃を婿殿(むこどの=娘の夫として迎える男)に譲(ゆず)る」こと記した書状(しょじょう=手紙)を出しました。

1556年(弘治二年) 4月、西美濃三人衆(にしみのさんにんしゅう=安藤守就(あんどう もりなり※11)・稲葉良道(いなば よしみち※12)・氏家直元(うじいえ なおもと※13))や土岐の旧臣(きゅうじん=古くからつえているけらい)など、明智以外の国衆(くにしゅう=守護大名の領地に土着して(どちゃく して=その土地に古くから住みつい)いた地侍(じざむらい=その土地で勢力のあるさむらい)や有力農民(ゆうりょく のうみん=耕作(こうさく=田畑をたがやし作物を作ること)する農民から、年貢(ねんぐ=毎年、領主におさめる貢租(こうそ=みつぎもの))などを集め、領主(りょうしゅ=領国を支配している人)へ納めるひと))の大半が義龍につき約二万、それに対し道三は約三千での戦いでした(長良川(ながらがわ)の戦い)。明智光秀(みつひで※9)は道三に「落ち延び(おちのび=つかまらずに遠くへ逃げ)、義龍か信長かどちらか勝った方に仕(つか)え、息子たちを頼(たの)む」と告(つ)げ、参戦(さんせん=戦争に参加)しませんでした。4月20日、道三は義龍に敗北し首をはねられました。享年、六十三でした。尚、信長は出陣し(しゅつじん=戦争に向い)ましたが、道三の死を知って、途中で撤退し(てったい し=ひきはらい)ました。

以降、義龍は美濃守護になり、織田信長の猛攻(もうこう=猛烈(もうれつ)な攻撃)をしのいで(しのいで=たえしのび)美濃を守り続けましたが、五年後、病死し、義龍の子・龍興(たつおき※7)が継ぐが、信長に美濃を追い出され、信長、豊臣秀吉(とよとみ ひでよし※10-1)、徳川家康(とくがわ いえやす※10-2)と「戦乱(せんらん=戦いが起こって国が乱れること)を終わらせて平和な世の中にしたい」との道三の父の志(こころざし=こうしようと心に決めたこと)はつながっていきました。

__________


※1 とき よりなり、1502~1582=妻は六角定頼(ろっかく さだより※1-1)の娘。側室は深芳野(1-2)
※1-1 ろっかく さだより、1495~1552=武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)。近江(おうみ=現在の滋賀県(しがけん))守護。南近江(みなみおうみ=現在の滋賀県南部)の戦国大名(せんごくだいみょう※1-1-1)。六角氏14代当主
※1-1-1 せんごくだいみょう=戦国時代(せんごくじだい=大名(だいみょう=ある地域を支配している者)が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代)で、各地に領国を形成した大名
※1-2 みよしの、頼芸の愛妾(あいしょう=気に入りの妾(めかけ=婚姻(こんいん=結婚)した男性が、妻以外にも囲う女性))でのちに道三の側室(そくしつ=妻以外に囲う女性)となる。義龍の母
※2 とき よりずみ、1524~1547=美濃国の守護大名。母は朝倉貞景(あさくら さだかげ※2-1)の三女。妻は道三の娘・帰蝶
※2-1 あさくら さだかげ、1473~1512=越前(えちぜん=現在の福井県嶺北(ふくいけん れいほく)地方(岐阜県(ぎふけん)北西部含む)・敦賀市(つるがし))の戦国大名。朝倉氏第9代当主

※3 さいとう よしたつ、1527~1561=幼名・豊太丸(とよたまる)⇒元服(げんぷく=男子が成人になったことを示す儀式)後・利尚(としなお)⇒高政(たかまさ)⇒道三没後、義龍。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)。美濃国の守護代、守護、戦国大名。道三流斎藤氏の第2代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。母は側室・深芳野
※4 さいとう まごしろう、~1555=道三の次男。母は小見の方(おみのかた※6)?
※5 さいとう きへいじ、~1555=道三の三男。母は小見の方?
※6 さいとう たつおき、1548~1573=美濃国の守護大名、戦国大名。道三流斎藤家3代
※7 きちょう、1535~=濃姫(のうひめ)。土岐頼純(とき よりずみ※2)の正室。頼純死後、織田信長(おだ のぶなが※10)の正室となる。母は小見の方。

※8 おみのかた、1513~1551、道三の正室。帰蝶(きちょう※7)の母
※9 あけち みつひで、~1582=武将、大名。のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと)? 織田信長を討った人(本能寺の変(ほんのうじのへん))

※10 おだ のぶなが、1534~1582=勝幡織田家5代当主。武将・戦国大名。のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと)。三英傑(さんえいけつ=現在の愛知県(あいちけん=当時は尾張国(おわりのくに)と三河国(みかわのくに))出身で名古屋にゆかりがあり、戦国時代において天下を統一へ導いた三人(信長・豊臣秀吉(とよとみ、※10-1)・徳川家康(とくがわ いえやす、※10-2)))の一人
※10-1 とよとみ ひでよし、1537~1598=武将・大名。天下人。初代・武家(ぶけ=武士の家筋(いえすじ=家系))関白(かんぱく=天皇を補佐する(ほさ=助け、その務めをはたさせる)官職(かんしょく=律令制(りつりょうせい=律令(りつりょう=国家の基本法である律と令。律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方))、太閤(たいこう=関白の位を子に譲った人の呼名)。三英傑の一人
※10-2 とくがわ いえやす、1543~1616=戦国大名。安祥松平家(あんしょう まつだいら け)九代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。のちの天下人。江戸幕府(えどばくふ※10-7-2-1)の初代征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号)。三英傑の一人
※10-2-1 えど ばくふ=家康が江戸(えど=現在の東京都)に開いた武家政権(ぶけ せいけん=※10-2-1-1)
※10-2-1-1 ぶけ せいけん=武家(ぶけ=武士(ぶし=さむらい)の家筋(いえすじ=家系))が掌握した(しょうあくした=自分の思いどおりにした)政権(せいけん=政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策(せいさく=目標を達成するために手段)を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治する(とうちする=まとめおさめる)仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)を実行する能力)
※11 あんどう もりなが、1503~1582、武将。美濃国北方城(きたがた じょう=現在の岐阜県本巣郡北方町(もとすぐん きたがたちょう)にあった城)主(しゅ=あるじ)。西美濃三人衆の一人(他の二人は稲葉良通(いなば よしみち)、氏家直元(うじいえ なおもと))
※12 いなば よしみち、1515~1589、武将。美濃国曽根城(そね じょう=現在の岐阜県大垣市(おおがきし)にあった城)主。西美濃三人衆(安藤守就、稲葉良通、氏家直元(うじいえ なおもと))の一人
※13 うじいえ なおみち、1512~1571=武将。氏家氏12代当主。西美濃三人衆の一人(他の二人は安藤守就と稲葉良通)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

以上所説あり。