細川ガラシャ(4/24)(1579年~1581年)

ここでは、1579年から1581年までに、細川ガラシャがかかわったことを勉強します。

1579年(天正七年)織田(おだ)軍と籠城して(ろうじゅうして=城にこもり戦って)いた荒木村重(あらき むらしげ=武将・大名。利休十哲(りきゅう じってつ=千利休(せんのりきゅう=商人、茶人)の高弟(こうてい=弟子(でし)の中で、特にすぐれた弟子)10人)の1人)は、8月、一族(いちぞく=血のつながりのある者たち)妻子(さいし=妻と子)を残し、数人の重臣(じゅうしん=身分の高いけらい)と、荒木村次(あらき むらつぐ=武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)。荒木村重の嫡男(ちゃくなん=あととり))が守る尼﨑城(あまがさきじょう=現在の兵庫県尼崎市(ひょうごけん あまがさきし)にあった城)を介して花隈城(はなくまじょう=現在の兵庫県神戸市中央区(こうべし ちゅうおうく)にあった城)に逃げました。11月、細川忠興(ほそかわ ただおき、1563~1646=細川ガラシャの夫。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)、大名(だいみょう=ある地域を支配している者)。のちの豊前(ぶせん=現在の福岡県(ふくおかけん)東部、大分県(おおいたけん)北部)小倉藩(こくらはん=豊前にあった藩(はん=江戸時代(えどじだい=徳川将軍家が日本を統治して(とうしして)いた時代)、大名の領地や統治機構(とうちきこう=国家を統治(とうち=自分のものとしてもつ土地)する仕組み)))初代藩主(はんしゅ=とのさま)、肥後(ひご=現在の京都府北部)細川家(ひごほそかわけ)初代)が、村重の妻とその他家臣(かしん=けらい)やその家族、三十人余は処刑(しょけい)しました。ただ、村安の妻だけは、明智光秀(あけち みつひで、~1582=武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)、大名(だいみょう=ある地域を支配している者)。のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと))の長女であったため、処刑されませんでした。そして年末、長女は明智左馬助(あけちさますけ、1536~1582=明智秀満(あけち ひでみつ)。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)。明智光秀(あけち みつひで=~1582=武将、大名(だいみょう=ある地域を支配している者)。のちの天下人)の長女の夫)と再婚(さいこん=再び結婚)しました。

1581年(天正九年)4月12日、細川氏が、宮津城(みやつじょう=現在の京都府宮津市(きょうとふ みやつし))に光秀、茶人・津田宗及(つだ そうぎゅう=~1591=堺(さかい=現在の大阪府堺市(おおさかふ さかいし))の商人、茶人)、連歌師(れんがし=連歌(れんか=和歌(わか=漢詩(かんし=中国の伝統的な詩)に対する日本の詩)を使った文芸(ぶんげい=言語によって表現される芸術の総称)のひとつです。和歌の上の句(五・七・五)と、下の句(七・七)を多数の人たちが交互(こうご=かわるがわる)に作り、ひとつの詩になるように競い合って楽しむこと)を職業とする者)・里村紹巴(さとむら じょうは=1525~1602=連歌師(れんがし=連歌(れんか=和歌(わか=漢詩(かんし=中国の伝統的な詩)に対する日本の詩)を使った文芸(ぶんげい=言語によって表現される芸術の総称)のひとつです。和歌の上の句(五・七・五)と、下の句(七・七)を多数の人たちが交互(こうご=かわるがわる)に作り、ひとつの詩になるように競い合って楽しむこと)を職業とする者))など招き、久世戸橋立(くせのと はしだて=現在の京都府宮津市文珠(きょうとふ みやつし もんじゅ))を遊覧(ゆうらん=あちこち見物してまわること)しました。5月、忠興の妹・伊也(いや=1568~1651=細川藤孝(1534~1610=細川幽斎(ほそかわ ゆうさい)。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)、大名(だいみょう=ある地域を支配している者)。詩人)の娘)が一色五郎(いっしき ごろう、~1582=一色義定(いっしき よしさだ)。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将))に嫁ぎました。

以上所説あり。