細川ガラシャ(21/24)(1597~1598年)

ここでは、1597~1598年に、細川ガラシャがかかわったことを勉強します。

1597年(慶長(けいちょう)二年) 前年に細川忠興(ただおき、※1)は従三位(じゅさんみ=位階および神階における位のひとつ)参議(さんぎ=律令制のもとで設けられた朝廷の官職)に昇任(しょうにん=役が上になること)し「越中守(えっちゅうのかみ)」に任ぜられたこのことにより、細川家に思わぬ余波(よは=影響)をもたらしました。正月、豊臣秀吉(とよとみ ひでよし、※2)は忠興の嫡子・忠隆(ただたか、1580~1646=武将)と前田利家(まえだ としいえ、※3)の娘・千世(ちよ、※4)の婚姻(こんいん=結婚(けっこん))を勧め、織田信長が忠興とガラシャの婚姻を命じたのと同じく、秀吉の命での婚姻が実現(じつげん)しました。いっぽう、前年に起きた「慶長大地震(けいちょう だいじしん=畿内(きない=京都(きょうと)に近い国々。山城(やましろ=現在の京都府(きょうとふ)南部)・大和(やまと=現在の奈良県(ならけん))・河内(かわうち=現在の大阪府(おおさかふ)東部)・和泉(いづみ=現在の大阪府南西部(大和川(やまとがわ)以南))・摂津(せっつ=現在の大阪府北中部の大半と兵庫県(ひょうごけん)南東部)の5か国)で起きた大地震)」直後から修築(しゅうちく=修理)してきた伏見城(ふしみじょう=現在の京都府京都市伏見区桃山(ももやま)地区にあった城)が5月に完成しました。この時代での工事期間の短さは、目を驚かすばかりでした。秀吉は移徒(わたまし=転居(てんきょ=ひっこし))し、次いで秀頼も伏見城に同居するようになりました。また、秀吉は今年初めごろから、京都に新邸(しんてい=新しいやしき)を築き始め、9月には完成し秀吉父子は京都の新邸に向っていました。

1598年(慶長三年)3月15日、醍醐の花見(だいご の はなみ=秀吉が京都(きょうと)南郊の醍醐寺(だいごじ=現在の京都府京都市伏見区醍醐東大路町(ふしみく だいごひがしおおじちょう)にある仏教寺院)の三宝院(さんぼういん)で行なった花見の会)が催(もよお=開催)されました。5月、太閤・秀吉と秀頼(ひでより、1597~1615=大名。太閤・秀吉の三男)は同じ車で参内(さんだい=宮中(きゅうちゅう=天皇の住居の中)に参上すること)し、忠興・忠隆父子も扈従(こしょう=おとも)して、「御沓役(おくつやく=履物を差し出したり片付けたりする役)」と供奉(ぐぶ=おともの行列)を努めました。この時、忠隆は従四以下(じゅしいげ=位階(いかい=※5)の一つ)に叙され(じょされ=位階(いかい=律令制(りつりょうせい=律令(りつりょう=国家の基本法である律と令。律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官僚(かんりょう=官職(律令制における官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方)についている人)の序列)をさずけられ)、侍従(じじゅう=君主(くんしゅ=政権の主宰者(しゅさいしゃ=人々の上に立ち、中心になって物事を行うもの))のそばに仕えるもの)となっていました。羽柴の苗字(みょうじ=家の名)と桔梗の紋(ききょうのもん=キキョウの花をかたどったもの)をこの時拝領し(はいりょうし=いただき)ました。これらの秀吉の施策(しさく=ほどこすべきたいさく)は、秀頼を後継者(こうけいしゃ)として世間(せけん)に認知(にんち)させるための行為(こうい)であり、秀頼を囲む体制(たいせい)づくりに他なりませんでした。8月18日、激動(げきどう)の時代を生きた豊臣秀吉が伏見城で薨じ(こうじ=なくなり)ました。64歳でした。秀吉の死は翌年まで秘され(ひされ=秘密にされ)、妙法院(みょうほういん=現在の京都府京都市東山区妙法院前側町(きょうとふ きょうとし ひがしやまく みょうほういんまえかわちょう)にある寺院)に葬られ(ほうむられ=死体や遺骨(いこつ=火葬した(かそうした=遺体(いたい=死体)を焼いた)あとに残った骨)を墓や土中に埋められ)ました。

※1 1563~1646=細川ガラシャの夫。武将(ぶしょう=武士(ぶし=さむらい)の大将)、大名(だいみょう=ある地域を支配している者)。のちの豊前(ぶせん=現在の福岡県(ふくおかけん)東部、大分県(おおいたけん)北部)小倉藩(こくらはん=豊前にあった藩(はん=江戸時代(えどじだい=徳川将軍家が日本を統治(とうち=自分のものとしてもつ土地と)していた時代)、大名の領地や統治機構(とうちきこう=国家を統治する仕組み)))初代藩主(はんしゅ=とのさま)、肥後(ひご=現在の京都府(きょうとふ)北部)細川家(ほそかわけ)初代

※2 1537~1598=武将・大名。天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと)。初代・武家(ぶけ=武士の家筋(いえすじ=家系))関白(かんぱく=天皇を補佐する(ほさ=助け、その務めをはたさせる)官職(かんしょく=律令制(りつりょうせい=律令(りつりょう=国家の基本法である律と令。律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方))、太閤(たいこう=関白の位を子に譲った人の呼名)。三英傑(さんえいけつ=現在の愛知県(あいちけん=当時は尾張国(おわりのくに)と三河国(みかわのくに))出身で名古屋にゆかりがあり、戦国時代(せんごくじだい=大名が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代)において天下を統一へ導いた三人(秀吉・織田信長(おだ のぶなが、※2-1)・徳川家康(とくがわ いえやす、※2-2)))の一人

※2-1 1534~1582=勝幡(しょばた=現在の愛知県愛西市勝幡町(あいちけん あいさいし しょばたちょう)と稲沢市平和町城之内(いなざわし へいわちょう しろのうち))織田家5代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。武将・戦国大名(せんごくだいみょう=戦国時代で、各地に領国を形成した大名)。のちの天下人。三英傑の一人

※2-2 1543~1616=戦国大名(せんごくだいみょう=戦国時代(せんごくじだい=大名(だいみょう=ある地域を支配している者)が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代)で、各地に領国を形成した大名)。安祥松平家(あんしょう まつだいら け)九代当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと)。江戸幕府(えどばくふ=※2-2-1)の初代征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号)。三英傑の一人

※2-2-1 家康が江戸(えど=現在の東京都)に開いた武家政権(ぶけ せいけん=※2-2-1-1)

※2-2-1-1 武家(ぶけ=武士(ぶし=さむらい)の家筋(いえすじ=家系))が掌握した(しょうあくした=自分の思いどおりにした)政権(せいけん=政治(せいじ=主権者(しゅけんしゃ=国の主権(しゅさい=政策(せいさく=目標を達成するために手段)を実行し、統治機構(とうちきこう=国を統治する(とうちする=まとめおさめる)仕組み)を動かす権力)を有する者)が、領土・人民を治めること)を実行する能力)

※3 1539~1599=武将、戦国大名。加賀(かが=現在の石川県(いしかわけん)南部)藩主(はんしゅ=とのさま)前田氏の祖(そ=祖先)。豊臣政権の五大老(たいろう=豊臣時代の職名)の一人

※4 1580~1641=春香院(しゅんこういん)。前田利家(まえだ としいえ、※4-1)とまつ(まつ、1547~1617=芳春院(ほうしゅんいん))の七女。細川忠隆と婚姻、離婚。村井長次(むらい ながつぐ、1568~1613=武将。前田家の家臣(かしん=けらい))と再婚。

※4-1 1539~1599=武将、戦国大名(せんごくじだい=大名(だいみょう=ある地域を支配している者)が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代で、各地に領国を形成した大名)。加賀(かが=現在の石川県(いしかわけん)南部)藩主(はんしゅ=とのさま)前田氏の祖(そ=祖先)。豊臣政権の五大老(たいろう=豊臣時代の職名)の一人

※5 律令制(りつりょうせい=律令(りつりょう=国家の基本法である律と令。律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官僚(かんりょう=官職(律令制における官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方)についている人)の序列

以上所説あり。