浅井長政(5/17)(1557年~1559年)

ここでは、1557年~1559年までに、浅井長政(あさい ながまさ)が、たずさわったことを勉強します。

1557年(弘治(こうじ)三年)11月、織田信長(おだ のぶなが、1534~1582=戦国大名。天下人(てんかびと= 国じゅうを支配するひと )は、弟の織田信行(のぶゆき、~1558)を清洲城(きよす=現在の愛知県清須市一場(あいちけんきよすしいちば)にあった城)に呼び寄せました。

1558年(永禄(えいろく)元年)信長は、家臣(かしん=けらい)の川尻秀隆(かわじり ひでたか、1527~1582)に信行を斬(き)り殺させました。

1559年(永禄二年)1月、新九郎(しんくろう=のちの長政)は、元服(げんぷく=男子が成人に達したことを示すための儀式(ぎしき))を果たし、六角義賢(ろっかく よしたか、1521~1598=南近江の戦国大名。六角氏15代当主(とうしゅ=その家の現在の主人))の命(めい=言いつけ)で、義賢の名前から一字を取った新九郎賢政(しんくろう たかまさ)と名乗ることになりました。そして同月下旬、義賢の重臣(じゅうしん=重要な職務にある家来(けらい))・平井定武(ひらい さだたけ)の娘を娶せられました(めあわせられました=結婚させられました)。このころの浅井家は六角氏の配下にあり、六角氏に取り込まれた政略結婚でしたが、4カ月後、長政は、祖父・浅井亮政(あさい すけまさ、1491~1542=浅井氏初代当主)の「六角を必ず打ち破るべし」という遺言(ゆいごん=亡くなった人が後代(こうだい=のちの時代)に残した言葉)から、わずか4カ月で離別(りべつ=離婚(りこん))しました。この年2月、織田信長は、初上洛(じょうらく=)し、将軍・足利義輝(あしかが よしてる、1536~1565=室町幕府第13代征夷大将軍)に拝謁(はいえつ=身分の高い人に面会すること)しました。翌月、岩倉城(いわくら じょう=現在の愛知県岩倉市下本町(いわくらし しもほんまち)にあった城)にいた織田宗家(そうけ=本家)の嫡統(ちゃくとう=家督を伝えていく本家の血筋)である織田伊勢守信賢(おだ いせのかみ のぶたか)を攻め、追放(ついほう=追い出すこと)しました。こうして信長の尾張(おわり=現在の愛知県西部)平定(へいてい=反抗する者を全部負かして、乱をしずめること)は完成に近づきました。

以上諸説あり。