浅井長政(14/17)(1570年7月~12月)

ここでは、1570年7月~12月に、浅井長政(あさい ながまさ)が、たずさわったことを勉強します。

1570年( 元亀(げんき) 元年)7月1日、織田信長(おだ のぶなが、1534~1582=戦国大名(せんごくだいみょう=戦国時代(せんごくじだい=大名(だいみょう=ある地域を支配している者)が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代)、各地に領国を形成した大名)。のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと))が、浅井氏の磯野員昌(いその かずまさ、1523~1590)の佐和山城を攻撃しましたが、抗戦(ていこう=外部から加わる力に対して、はむかうこと)され、落とすことができないまま、丹羽長秀(には ながひで、1535~1585=大名)の三千を抑え(敵の侵攻を防ぐこと)として残し、4日、入洛(にゅうらく=京都に入ること)し、将軍・足利義昭(あしかが よしあき、=室町幕府(むろまちばくふ=足利尊氏が京都で創始(そうし=新たに物事をはじめること)した武家政権)第15代征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号。将軍))のいる二条城(にじょうじょう=)に入り、姉川合戦(あねかわかっせん=)の勝利を報告しました。義昭は派遣(はけん=任務を負わせて、他の場所に行かせること)していた忍び(しのび=人に知られないように、ひそかに物事をすること)から合戦の結果はしっており、小谷城(おだにじょう=現在の滋賀県長浜市湖北町伊部(しがけん ながはまし こほくちょう いべ))も落とせず、長政の首を取ることもできなかったにもかかわらず、信長に最大限の讃辞(さんじ=ほめる言葉)を贈りました。そして信長は、京都から岐阜(ぎふ=現在の岐阜県岐阜市)に凱旋(がいせん=戦いに勝って帰ること)しました。8月中旬、三好三人衆(みよしさんにんしゅう=三好長逸(みよし ながやす)、三好宗渭(みよし そうい、~1569)、岩成友通(いわなり ともみち、~1573)の3人)一万三千の兵が義昭の呼びかけで、野田(のむら=現在の愛知県新城市豊島(あいちけん しんしろし とよしま))・福島(ふくしま=現在の大阪府大阪市福島区(おおさかふ おおさかし ふくしまく))に陣(じん=軍隊の集結している所)を構え、織田軍と戦が始まりました。また、本願寺の顕如も北近江(きたおうみ=現在の滋賀県長浜市(ながはまし)・米原市(まいばらし)・彦根市鳥居本町(ひこねし とりいもとちょう)の一向宗徒(いっこうしゅうと=浄土真宗の信者)に檄を飛ばし(げきをとばし=元気のない者に刺激を与えて活気づけ)、湖北(こほく=北近江)の十ヶ寺(じゅっかじ=現在の滋賀県長浜市の十個のお寺)に指令を出し、「浅井とともに信長を倒せ」と檄文(げきぶん=自分の考えや主張を述べて大衆に行動を促す文書)を送り、一向宗(いっこうしゅう=浄土真宗)も立ち上がりました。長政も今度こそ姉川の敗戦の借りを返すべく、朝倉義景(あさくら よしかげ、1533~1573=越後国の戦国大名。越前朝倉氏第11代の当主(その家の現在の主人))の出馬を促し(うながし=早くするようせきたて)、朝倉勢二万五千の大軍が一乗谷(いちじょうだに=現在の福井県福井市城戸ノ内町(ふくいけんふくいしきどのうちちょう))を発し、9月半ばに小谷城に着きました。9月16日、浅井・朝倉の連合軍三万の兵で湖北に進撃(しんげき=前進して敵を攻撃すること)し、坂本(さかもと=現在の滋賀県大津市坂本)に布陣し、一向宗の門徒(もんと=信者)も集まりました。19日、信長の弟・織田信治(おだ のぶはる、1544~1570=織田信秀の五男)、森可成(もり よしなり、1523~1570)らが守っていた宇佐山城(うさやまじょう=滋賀県大津市南滋賀町(おおつし みなみしがちょう))を攻め落とし、坂本周辺に火を放ち、坂本を完全に支配しました。磯野員昌の兵は、さらに京都まで攻め込みました。岐阜にいた信長は四面楚歌(しめんそか=周りに味方がなく、周囲が反対者ばかりの状況)のなかで呻吟(しんぎん=)しました。坂本は比叡山(ひえいざん=現在の滋賀県大津市西部と京都府京都市(きょうとふ きょうとし)北東部にまたがる山)の町、浅井・朝倉軍を公然(こうぜん=広く知れわたっているさま)と支援し、比叡山を宿舎としました。浅井・朝倉勢は比叡山の周囲、蜂が峯(はちがみね)、青山(あおやま)、局笠山(つぼかさやま)に陣を取りました。六角氏(ろっかくし)もこの動きに勢いを盛り返し、浅井、朝倉、六角、本願寺、比叡山の大連合軍となりました。信長は形勢不利(けいせいふり)と見て、家康(いえやす、1543~1616=戦国大名。安祥松平家九代当主。のちの天下人、江戸幕府(えどばくふ)初代征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=武士による政権のトップの称号。将軍))に救援を求め、二千の兵で六角氏の牽制(けんせい=作戦上、敵を自分の望む方にひきとめたり引きつけたりすること)に当たりました。24日、信長が大津の堅田口(かたたぐち)に姿を現し、三万五千の軍勢(ぐんぜい=軍隊)が比叡山の麓(ふもと=山の下の方の部分)を配し、じっとして動きませんでした。11月に渡って膠着状態(こうちゃくじょうたい=物事が進まず行き詰まっている状態)が続きました。信長はこの間、藤吉郎(とうきちろう、1537~1598=大名。のちの豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)、天下人)を使い、義昭に正親町天皇(おおぎまちてんのう、1517~1593=第106代天皇、在位1557~1586)を口説かせ綸旨(りんじ=天皇の命令)を手に入れ、11月28日、義昭を坂本に行かせ、和平調停(わへいちょうてい=二者以上の当事者を話し合いの場につけること)を行わせました。織田側は、佐久間信盛(さくま のぶもり、1528~1582)と不破光治(ふわ みつはる、~1580)、浅井は安養寺氏種(あんようじ うじたね、1538~1606=)、朝倉は鳥居景近(とりい かげちか、~1573)、比叡山延暦寺(えんりゃくじ=滋賀県大津市坂本本町(さかもとほんちょう)にある寺社)からも出ました。協議は佐久間から「江北の支配を浅井三分の一、織田三分の二」そして「以降、戦はしない」という提案がでました。もちろん安養寺は「最低でも半分」と拒否し、延暦寺は「戦いをしないなど信じられない」と抵抗しました。ただ鳥居だけは長引いて雪で帰路が不通になるのを恐れ、「和議には反対ではない」としました。交渉はしばしば中断しましたが、義景が織田の提案の賛同に抵抗できず、12月13日、三井寺(みついでら=現在の滋賀県大津市にある寺社。長等山園城寺(ながらやま おんじょうじ))で信長、義景、長政の会談が行われ、織田の提案どおりとなり、14~15日にお互いの人質を交換し、お互いの陣を焼き、両軍とも帰路につきました。

以上諸説あり。