今川義元(7/8)(1550年~1555年)

ここでは、1550年~1555年までに、今川義元(いまがわ よしもと)が、たずさわったことを勉強します。

1550年(天文(てんぶん)十九年)3月、太原崇孚(たいげん そうふ、1496‐1555=別名・太原雪斎(たいげん せっさい))は、妙心寺(みょうしんじ=現在の京都府京都市右京区花園妙心寺町(きょうとふ きょうとし うきょうく はなぞのみょうしんじちょう)にある寺社)の住持(じゅうじ=住職)となり、五奈良天皇(ごなら てんのう、1497-1557=第105代天皇)より紫衣(しえ=出家した男女が着る紫色の衣服)を受けとりました。6月2日、義元の正室(せいしつ=身分の高い人の正妻(せいさい=正式の妻)・定恵院(じょうけいいん、1519-1550)が死去しました。享年(きょうねん=死んだ時の年齢)32歳でした。

1552年(天文二十一年)11月27日、義元の娘(=のちの嶺松院(れいしょういん))、武田晴信(たけだ はるのぶ、1521-1573=武田信玄(たけだ しんげん))の嫡男(ちゃくなん=正室の生んだ男子のうち最も年長の子)・義信(よしのぶ、1538-1567)の正室となりました。

1553年(天正二十二年)2月26日、義元は、『仮名目録追加(かなろくもくついか)』二十一か条(=父・今川氏親(いまがわ うじちか、1471-1526)が制定(せいてい=きまりなどを定めること)した『今川仮名目録』に追加、訂正された分国法(ぶんこくほう=戦国大名が領国内を統治(とうち=まとめおさめること)するために制定した基本的な法典(ほうてん=きまり))を制定しました。

1554年(天正二十三年)7月、北条氏康(ほうじょう うじやす、1515-1571)の娘・早川殿(はやかわどの、-1613)が、義元の嫡男・氏真(うじざね、1538-1614)の正室となりました。12月、武田晴信の娘が、北条氏康の次男(嫡子(ちゃくし=正妻の生んだ子))・氏政(うじまさ、1538-1590)の正室となりました。これにより、駿甲相三国同盟(すんこうそう さんごくどうめい=甲相駿はそれぞれ甲斐(かい=現在の山梨県(やまなしけん))・相模(さがみ=神奈川県(かながわけん)北東部を除く全域)・駿河(するが=静岡県(しずおかけん)中部・北東部(大井川以東))を指し、この時それぞれを治めていた武田信玄・北条氏康・今川義元の3者の合意)が成立しました。

1555年(天正二十四年)3月、松平竹千代(まつだいら たけちよ、=のちの徳川家康(とくがわ いえやす))が、元服(げんぷく=男子が成人になったことを示す儀式(ぎしき))して義元より名の一字を与えられ、松平元信(まつだいら もとのぶ)と名乗りました。閏10月10日、太原崇孚が亡くなりました。享年60歳でした。同月15日、義元は、武田晴信と長尾景虎(ながお かげとら、=のちの上杉謙信(うえすぎ けんしん))を仲介(ちゅうかい=間に入ること)し、講和(こうわ=交戦国が合意のもとに戦争をやめ、平和を回復すること)を結ばせました。

以上諸説あり。