朝倉義景(2/8)(1555年~1562年)

ここでは、1555年~1562年までに、朝倉義景(あさくら よしかげ)が、たずさわったことを勉強します。

1555年(天文(てんぶん)二十四年)7月21日、教景(のりかげ=朝倉氏五代目当主(とうしゅ=その家の主人))、加賀国(かがのくに=現在の石川県(いしかわけん)南部)に出陣(しゅつじん=戦いに行くこと)しました。9月8日、教景、陣中(じんちゅう=戦いのさなか)で病(やまい=病気)にかかり、死去(人が死ぬこと)しました。享年(きょうねん=死んだ時の年齢)79歳でした。代わりに、同族(どうぞく=同じ血のつながりのもの)の朝倉景隆(あさくら かげたか)・景健(かげたけ)親子が出陣しました。

1556年(弘治(こうじ)二年)4月21日、義景、室町幕府(むろまちばくふ)征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=幕府(武家の政権)の長)第十三代将軍・足利義輝(あしかが よしてる)の斡旋(あっせん=間に入って、あちらとこちらをうまく取り持つこと)で、加賀国の一揆(いっき=幕府や守護大名(しゅごだいみょう=職の一つで、地方を支配するために置かれた役人)に対する地侍(じざむらい=侍身分の一種)・農民・信徒(しんと=ある宗教の信者)たちの結合(けつごう=二つ以上のものが結びついて一つになること))軍と和睦(わぼく=争いをやめて仲直りすること)し、加賀国から兵を引きました。

1559年(永禄(えいろく)二年)11月9日、義景、従四位下(じゅしいのげ=地位の一つ、従四位上の下、正五位上の上)に叙せられました(じょせられました=さずけられました)。

1561年(永禄四年)4月6日、義景、棗庄大窪浜(なつめのしょうおおくぼのはま=現在の福井県福井市(ふくいけん ふくいし))で犬追物(いぬおうもの=馬上から犬を標的として弓を射てその技能を競う武芸)を催しました(もよおしました=かいさいしました)。

1562年(永禄五年)8月21日、義景、大覚寺義俊(だいかくじ ぎしゅん)・四辻季遠(よつつじ すえとお)・飛鳥井雅教(あすかい まさのり)らを一乗谷(いちじょうだに=現在の福井県福井市)の安波賀河原(あばかかわら)にもてなし、曲水の宴(きょくすいえん=宮中や貴族の屋敷で行われていた年中行事の一。庭園の曲水(曲がりくねって流れる小川)に沿って参会者が座り、上流から流される杯(さかずき=酒を飲むのに使う小さな容器)が自分の前を通り過ぎないうちに詩歌をよみ、杯を手に取って酒を飲んでから杯を次へ流すという遊び)を催しました。このころ、義景の長男・阿君丸(くまぎみまる)が生まれました。

以上諸説あり。