朝倉義景(4/8)(1566年~1567年)

ここでは、1566年~1567年までに、朝倉義景(あさくら よしかげ)が、たずさわったことを勉強します。

1566年(永禄(えいろく)九年)2月、覚慶(かくけい=室町(むろまち)幕府(ばくふ=武家による政治組織)第十三代征夷大将軍(せいいたいしょうぐん=幕府政権の長たる者の称)・足利義輝(あしかが よしてる)の弟。のちの十五代将軍・足利義昭(あしかが よしあき))、矢島御所(やじまごしょ=現在の滋賀県守山市矢島町(しがけんもりやましやじまちょう))で還俗(げんぞく=お坊さんがふたたび一般の人に戻ること)し、足利義秋(あしかが よしあき)と名乗りました。8月29日、義秋、矢島御所から若狭国(わかさのくに=現在の福井県(ふくいけん)南部から敦賀市(つるがし)を除いた部分)に逃れ、守護(しゅご=室町時代の職名。各国の警備(けいび)、治安維持(ちあんいじ=世の中が治まってやすらかなことを保持すること)に当たった)の武田義統(たけだ よしずみ)をたよるが、若狭国は内乱(ないらん=内戦)状態(じょうたい)であったため、義秋は義景を頼り、越前国敦賀(えちぜんのくに つるが=現在の福井県敦賀市(ふくいけん つるがし))に入りました。10月20日、義秋、朝倉氏と加賀一向一揆(かが いっこういっき=加賀一国(現在の石川県(いしかわけん)南部)を自治的に支配していた国人・坊主・農民の寄合)との和睦(わぼく=争いをやめて仲直りすること)をはかりました。

1567年(永禄十年)3月、堀江景忠(ほりえ かげただ)、義景に謀叛(むほん=時の為政者(いせえいしゃ=政治を行うもの)にそむくことである)を起こしました。義景、山崎義家(やまざき よしいえ)らに景忠を攻(せ)めさせ、景忠は能登国(のとのくに=現在の石川県(いしかわけん)北部)へ逃れました。6月5日、本願寺(ほんがんじ=現在の大阪城本丸の場所にあった寺院)の顕如(けんにょ)、堀江景忠に感状(かんじょう=いくさで立てた手がらをほめて、主君や上官が与える書きつけ)を出しました。11月21日、義秋、朝倉氏と加賀一向一揆との和睦をはかりました。12月25日、義景、義秋を一乗谷(いちじょうだに=福井市南東部、足羽川(あすかわ)に注ぐ一乗谷川に沿う谷間。朝倉氏の本拠地(ほんきょち))に迎え、もてなしました。

以上諸説あり。