佐々成政(3/17)(1561年~1567年)

ここでは、1561~1567年に、佐々成政(さっさ なりまさ)が、たずさわったことを勉強します。

1561年(永禄(えいろく)四年)成政は、織田信長(おだ のぶなが)に従い、森部の戦い(もりべのたたかい=現在の岐阜県安八郡安八町(ぎふけん あんばちぐん あんばちちょう)で行われた織田信長軍と斎藤龍興(さいとう たつおき)軍との戦い)に参陣(さんじん=戦いに加わる)しました。この戦いで、前田利家(まえだ としいえ)は、戦功(せんこう=戦争で立てたてがら)をたて、帰参(きさん=帰って来ること)が許されました。

1562年(永禄(えいろく)五年)5月、軽海の戦い(かるみのたたかい=現在の岐阜県本巣市軽海(もとすし かるみ)で行われた織田軍と斎藤軍との戦い)で利家と協力して稲葉山城(現在の岐阜県岐阜市天守閣)主・斎藤龍興の家臣(かしん=けらい)・稲葉又右衛門(いなばまたえもん)を討ちとりました。

1563年(永禄(えいろく)六年)7月、信長、小牧城(こまき じょう=現在の愛知県小牧市堀の内(あいちけん こまきし ほりのうち)にあった城)を築き、9月、清須城(きよす じょう=現在の愛知県清須市一場(きよすし いちば)にあった城)から小牧城に移りました。

1566年(永禄(えいろく)九年)9月、信長、築城(ちくじょう=城を築くこと)した墨俣城(すのまたじょう=現在の岐阜県大垣市墨俣町墨俣(おおがきし すのまたちょう すのまた)にあった城)に入城しました。成政も総勢300を率い入城しました。また、成政は、鉄砲隊(てっぽうたい)300を指揮しました。

1567年(永禄(えいろく)十年)8月、信長、小牧城から岐阜城(ぎふ じょう=現在の岐阜県岐阜市にあった城)に居城(きょじょう=領主が日常住んでいる城)を移しました。この年、成政、信長の黒母衣衆(くろほろしゅう=信長に近侍(きんじ=主君のそば近くに仕えること)する家臣(馬廻(一軍の大将の乗っている馬の周囲)、小姓(将軍や藩主などの身辺で雑用をつとめる者))から選り抜かれた(えりぬかれた=多くのものの中から、すぐれたものやよいものだけを選んで抜き出す)二つの集団の一方。もう一方は赤母衣衆(あかほろしゅう)。)の筆頭(列記した人名中の1番目)となりました。

以上諸説あり。