佐々成政(14/17)(1587年1月~6月)

ここでは、1587年1月~6月までに、佐々成政(さっさ なりまさ)が、たずさわったことを勉強します。

1587年(天正十五年)1月、成政、大坂の津田宗及(つだ そうぎゅう)邸(てい=やしき)での茶会に招かれました。同月、秀吉、諸大名(しょだいみょう=多くの大名)に九州(きゅうしゅう)征伐(せいばつ=反逆する者などをせめうつこと)の準備を命じました。3月、秀吉、二十万の大軍を率いて大坂を出陣(しゅつじん=戦争に出向くこと)し、成政も従軍(じゅうぐん=軍隊に従って戦地に行くこと)しました。同月、秀吉、大軍を二手にわけ、みずからは豊前小倉(現在の福岡県北九州市小倉北区(ふくおかけん きたきゅうしゅうし こくらきたく))から筑前(ちくぜん=現在の福岡県西部)・筑後(ちくご=現在の福岡県南部)・肥後隈本(ひごくまもと=現在の熊本県)をへて薩摩川内(さつませんだい=現在の鹿児島県薩摩川内市(かごしまけん さつませんだいし))の泰平寺(たいへいじ=鹿児島県薩摩川内市大小路町(かごしまけん さつませんだいし おおしょうじちょう)にある寺)に本営(総大将・総指揮官がいる陣営)を構えました。成政、郡山城(奈良県大和郡山市(ならけん やまとこおりやまし)にあった城)主・羽柴秀長(はしば ひでなが)軍に属して豊後府内(現在の大分県大分市(おおいたけん おおいたし))・日向(ひゅうが=現在の宮崎県(みやざきけん))をへて薩摩へ出陣(戦争にむかうこと)しました。5月、島津義久(しまづ よしひさ)、弟の義弘(よしひろ)に家督(かとく=あととり)を譲り(ゆずり)、秀吉に降伏(こうふく=戦いに負けたことを認めて、相手に従うこと)しました。秀吉、大坂へ帰る途中、6月、肥後の南関(なんかん=現在の熊本県玉名郡南関町(たまなぐん なんかんまち))で、成政を肥後一国領主(肥後国主)に命じました。成政は隈本城(くまもと じょう=のちの熊本城)に入りました。同月、秀吉、成政に五カ条の掟書(おきてがき=公布法の一形式)を出しました。肥後国五十二人の国人には先規(せんき=以前からのしきたり)のごとく知行(領地や財産を直接支配すること)が安堵(物事がうまく行って安心すること)されていること、三年以内には検地(けんち=土地調査)をしないこと、百姓(ひゃくしょう)をいためないようにすること、一揆(いっき=幕府などに反抗し、地侍・農民・信徒らが起こした暴動)をおこさせないようにすること、上方普請(じょうほうふしん)を三年間免除(めんじょ=義務などを果たさなくてもよいと許すこと)すること、でした。成政、越中(えっちゅう=現在の富山県)からつれてきた家臣(かしん=けらい)たちにあたえる所領()がなかったため、秀吉の五カ条の掟書を破って検地を実施(じっし=計画を実行にうつすこと)しました。

以上諸説あり。