直江兼続(2/28)(1561年)

ここでは、直江実綱(なおえ さねつね=のちの直江兼続)が上杉謙信(うえすぎ けんしん)の命で、関東に参陣(さんじん=戦いに加わること)した年(1561年)を勉強します。

1561年(永禄(えいろく)四年)2月16日、春日山城(かすがやま じょう=現在の新潟県上越市中屋敷(にいがたけん じょうえつし なかやしき)にあった山城)留守将直江実綱(なおえ さねつね=のちの直江兼続)が上杉謙信(うえすぎ けんしん)に命ぜられ、関東(かんとう=現在の神奈川県(かながわけん)・東京都(とうきょうと)・埼玉県(さいたまけん)千葉県(ちばけん)・茨城県(いばらきけん)・群馬県(ぐんまけん)・栃木県(とちぎけん)・静岡県伊豆半島(しずおかけん いずはんとう)・山梨県(やまなしけん))に参陣(さんじん=戦いに加わること)しました。3月11日、与板城(よいた じょう=現在の新潟県長岡市与板町与板(にいがたけん ながおかし よいたまち よいた)にあった城)主・直江実綱は、謙信の命を奉じて(ほうじて=うけたまわる)上田(うえだ=現在の新潟県南魚沼市六日町(にいがたけん みなみうおぬまし むいかまち))・妻有(つまあり=現在の新潟県十日町市(にいがたけん とうかまちし))・薮神(やぶかみ=現在の新潟県小千谷市(にいがたけん おぢやし)・新潟県魚沼市(にいがたけん うおぬまし))の三庄(さんしょう)に徳政令(大名が領内を治める為の手段)を発布(法律などを世間に広く告げ知らせること)しました。閏3月16日、謙信は、鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう=神奈川県鎌倉市(かながわけん かまくらし)にある神社)で関東管領(かんとう かんれい=室町幕府が設置した鎌倉府の長官である鎌倉公方(かまくらくぼう)を補佐(ほさ)するために設置された役職名)山内上杉家(やまのうち うえすぎ け=関東地方に割拠(かっきょ=自分の領地を根拠地として勢力を張ること)した上杉氏の諸家のひとつ)を相続し、上杉憲政(うえすぎ けんせい)の一字を賜り(たまわり)、名を政虎(まさとら)と改め(あらため)、以後、上杉氏と称しました。9月10日、第四次川中島の戦い(かわなかじま の たたかい=武田軍と上杉軍との戦い)がありました。12月、謙信は、13代将軍足利義輝(あしかが よしてる)の一字を賜り、名を輝虎(てるとら)と改めました。

以上諸説あり。