直江兼続(4/28)(1566年~1569年)

ここでは、足利義秋(あしかが よしあき=のちの15代将軍足利義昭)が、上杉謙信(うえすぎ けんしん)に使者を遣わし、京都の回復を要請する年(1562年)から、足利義昭が、智光院頼慶(ちこういん らいけい)を謙信に遣わし、織田信長に越・甲和議の斡旋(あっせん)を依頼したことを伝える年(1569年)までを勉強します。

1566年(永禄(えいろく)九年)3月10日、足利義秋(あしかが よしあき=のちの15代将軍足利義昭(あしかが よしあき))が、上杉謙信(うえすぎ けんしん)に使者(ししゃ=命令や依頼を受けて使いに行く者)を遣わし(つかわし= 上位者が下位者を行動させる)、京都の回復(かいふく=もとどおりにすること)を要請(ようせい=必要だとして、強く願い求めること)しました。謙信、これを承諾(しょうだく=聞き入れること)し、花ケ崎智光院頼慶(はながさき ちこういん らいけい=のちの居多神社神官花ケ前家盛(こたじんじゃ しんかん はながさき いえもり))に遣わし贈り物をしました。義秋、答謝(とうしゃ)し、すみやかに上洛(じょうらく=地方から京都にいく)するよう要請しました。

1567年(永禄十年)9月9日、織田信長(おだ のぶなが)が、美濃井口城(みの いぐち じょう=岐阜県岐阜市(ぎふけん ぎふし)にあった城)等を攻略(こうりゃく=敵を攻めて勝利すること)し、直江景綱(なおえ かげつな)にしらせました。

1568年(永禄十一年)5月7日、謙信の生母(うみの親)虎御前(とらのごぜん)が亡くなりました。法明岩青院殿天甫輝清でした。9月8日、出羽(でわ=山形県鶴岡市馬場町にあった大宝寺城)大宝寺義増(だいほうじ よします)、武田信玄(たけだ しんげん)に応じて本庄城(ほんじょうじょう=現在の埼玉県本庄市にあった城)主・本庄繁長(ほんじょう しげなが)を支援(しえん=力をそえて助けること)したが、直江景綱を通じて謙信に和(わ=平和)を求めました。謙信、義増を許しました。10月18日、足利義昭(あしかが よしあき)、室町幕府15代将軍(むろまち ばくふ 15 だい しょうぐん)となりました。

1569年(永禄十二年)2月8日、足利義昭が、智光院頼慶を謙信に遣わし、織田信長に越・甲和議の斡旋(あっせん)を依頼したことを伝えました。2月30日、飛騨桜洞城(ひだ さくらぼら じょう=現在の岐阜県下呂市(ぎふけん げろし)にあった城)の三木良頼(みつき・よしより)、謙信と越中松倉城(まつくらじょう=現在の富山県魚津市にあった城)主・椎名康胤(しいな やすたね)との間を調停(ちょうてい=対立する双方の間に立って争いをやめさせること)しようとして直江景綱の意見を聞きました。11月5日、魚津城(うおづ じょう=富山県魚津市(とやまけん うおづし)にあった城)主・河田長親(かわだ ながちか)、居多神社神官花ケ前盛貞に宮津八幡宮(みやづはちまんぐう=現在の富山県魚津市宮津(とやまけん うおづし みやづ)にある神社)の社職(しゃしょく)をあえました。

以上諸説あり。