直江兼続(18/28)(1595年~1596年)

ここでは、豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ)が切腹した年(1595年)から1596年の直江兼続(なおえ かねつぐ)の出来事を勉強します。

1595年(文禄(ぶんろく)四年)1月、兼続(かねつぐ)、立岩喜兵衛(たていわ きへい)、志駄修理亮(しだしゅうりのすけ)を庄内二郡(しょうない にぐん)の金山奉行(かねやま ぶぎょう)に任命(ある官職や役目につくことを命ずること)しました。2月、兼続、藤井堰(ふじいせき=現在の新潟県柏﨑市)の掟(その社会の人々が守らなければならない決まり)を定めました。6月、兼続、景勝(かげかつ)の命をうけ、蒲原郡(かんばらぐん=現在の新潟県・福島県にあった郡)の検地(けんち=領地の支配者が、自分の土地をはあくするために行った土地調査のこと)を実施(じっし=法律・計画などを実際に行うこと)するため甘粕長重(あまかす ながしげ)・上松弥兵衛(うえまつ やへい)を監察使(かんさつし=日本が設置した地方行政監察のための官職)に任命(ある官職や役目につくことを命じること)しました。6月、兼続、湯殿山(ゆどのさん=現在の山形県鶴岡市・西村山郡西川町にある寺院)上人(しょうにん=寺院の住職)に祈禱(きとう=神仏にその加護・恵みを求めて祈ること)を感謝し米十石(こく=質量の単位)を寄進(きしん=神社や寺院に金銭や物品を寄付すること)しました。10月、秀吉(ひでよし)の命をうけて、増田長盛(ました ながもり)は、信越両国(しんえつ りょうごく=現在の長野・新潟両県)の検地を完了(かんりょう=ものごとを完全に終えること)し、兼続の命で大石播磨守綱元(おおいし はりまのかみ つなもと)は、奉行(ぶぎょう=武家における職名の一つ)をつとめました。11月、兼続の監督(かんとく=物事を取り締まること)で伏見邸(ふしみのてい)を完成させました。千坂対馬守(ちさか つしまのかみ)を留守居役(るすいやく=主人や家人などの外出中、その家を守ること)に命じました。12月、兼続、南化和尚(なんげ おしょう)より僧万里筆写(そうばんり ひっしゃ)の前漢書十二巻(中国の書物)を贈られました。

1956年(慶長(けいちょう)元年)5月、兼続、甘粕景継(あまかす かげつぐ)とともに羽黒山長寿寺金堂宝形(はぐろさん ちょうじゅじ こんどう ほうぎょう=山形県鶴岡市にある山寺)を造営(ぞうえい=社寺・宮殿などを建てること)しました。閏7月、兼続、舟岡源左衛門(ふなおか げんざえもん)の妻の病気平癒祈願(びょうき へいゆ きがん=病気が完治して回復すること願うこと)のため伊勢神宮(いせ じんぐう=現在の三重県伊勢市ある寺社)に大神楽(だいかぐら=伊勢神宮へ一般の参詣人(さんけいにん=おまいりする人)が奉納(神仏に献上すること)する神楽(神道の神事において神に奉納するため奏される歌舞))を奏でました。8月、兼続、丸田周防守俊次(まるた すおうのかみ としつぐ)に条目(じょうもく=箇条書きになっている法律や規則など)を与えました。9月、兼続、本堂山城(=現在の新潟県五泉市石曽根(にいがたけん ごせんし いしぞね)にあった城)主・丸田周防守定後に検地後の措置(そち=しょちすること)を命じました。

以上諸説あり。